初めて子育てをする方は、赤ちゃん用の洋服として何を揃えれば良いのか分からないかと思います。生まれたての赤ちゃんはとても肌が弱く、外部刺激に弱いので、出来るだけ天然コットン素材などの肌着を用意してあげましょう。赤ちゃんでいる間はあっという間です。わずかな期間ではありますが、この間は抵抗力がまだ弱く、風邪をひきやすく、体温調節もまだうまくできないので、冬場には暖かい洋服をしっかりと着せてあげるようにしてください。また、夏は熱中症にならないように気をつけなければなりません。汗をかけばあせもになりやすいので通気性の良い肌着を着せてあげないと皮膚科に通わなければならなくなってしまいます。季節に合わせてベビー服を合わせてあげるようにしましょう。

生まれ月によって用意したい短肌着と長肌着

短肌着と長肌着と聞いても、初めて赤ちゃん用品の準備をされている方にはピンとこないかもしれません。赤ちゃんの肌着には2種類あり、裾の丈が腰までのものを短肌着、あかちゃんのくるぶしぐらいまでの丈のものが長肌着と呼ばれます。肌着と呼ばれていることからお分かりのように、赤ちゃんの肌の上に直接着せる、前開きの肌着です。肌着の上からロンパースなどを着せるのですが、まだ首が座らない生まれたばかりの赤ちゃん用のベビー服です。首が座れば頭からかぶって着る肌着が使えるのですが、首が座らない3か月までは短肌着、長肌着が必要になります。長肌着はまだ肌寒い季節だったり、冬に使用するので、生まれ月によっては必要がないこともあります。短肌着はいつでも使用できるので、準備しておいた方が良いでしょう。

赤ちゃんのお腹が出ないボディースーツ

短肌着や長肌着は浴衣のような前で紐を結ぶタイプの肌着ですが、だんだん赤ちゃんが大きくなってくると手足を動かして前がはだけてしまうことが増えてきます。その頃になると赤ちゃんの首も座ってきているので、ボディースーツと呼ばれる肌着も切れるようになります。ボディースーツは欧米で一般的な赤ちゃんの肌着なのですが、頭からかぶるハイプの肌着で、足の部分をスナップボタンで留められるようになっています。長所はお腹が出ないという点で、寝相の悪いベビーや、寝苦しい夏などにお腹を出して寝てしまって風邪をひかせないように寝間着の下にして着せたり、冬場は長袖のボディースーツを着せてから、上着を着せるようにするなど、重宝します。半袖や長袖などタイプの違うボディースーツを複数枚準備しておくと良いでしょう。

対象商品のみギフトにピッタリなラッピングも可能。3種類のタイプをご用意しております。 北欧ブランドのファルスカのメーカー直営販売店です。ベビー用のグッズを多く取り揃え! 出産準備品を多数取り扱う、国内外ブランドのべビー用品専門通販サイトです。 新商品から定番商品まで豊富なラインナップのベビー用品を取り揃えています。 ご希望の方のみ、メールマガジンで最新情報や会員限定情報をお届けしております。